本文へスキップ

2015年度年末ジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願の為に、必勝勝負運アップのパワースポットで有名な東京都江東区にある富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)に参拝しました

ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービス
開運★当り隊

富岡八幡宮は、東京都江東区富岡にある八幡神社で別名「深川八幡」とも呼ばれる江戸最大の八幡様です。
富岡八幡宮には、ダイヤモンドやプラチナや純金を24kgも使用している日本一の黄金神輿があります。
10万人が訪れるほど大変な活気がある富岡八幡宮の例祭は深川八幡祭りとも呼ばれており、神田明神の神田祭や赤坂日枝神社の山王祭と共に江戸三大祭の一つに数えられております。
全国を測量し、日本史上初めて国土の正確な姿を明らかにした事で有名な伊能忠敬の銅像もあります。
伊能忠敬は近所に住んでいて、測量旅行出発時には必ず富岡八幡宮を参拝していたことから、縁りの地に銅像が建てられました。
又、富岡八幡宮は江戸勧進相撲発祥の地として有名です。
力士碑には初代横綱明石志賀之助より歴代の横綱全ての四股名が刻まれており、必勝・勝負運のアップに効果的な場所です。
ここ十数年湾岸エリアは有数の発展を遂げており、湾岸エリアの氏神神社として富岡八幡宮のエネルギーも高まっていることから、より一層の開運効果が期待出来る事でしょう。
東京都江東区富岡1-20-3

東京湾岸のパワースポット富岡八幡宮は開運効果抜群

富岡八幡宮の入口富岡八幡宮の大鳥居

富岡八幡宮は1627年の当時永代島と呼ばれていた現在地に御神託により創建されました。
周辺の砂州一帯を埋め立て、社地と氏子の居住地を開き、総じて六万五百八坪の社有地を得たのです。
世に「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。
江戸時代には、源氏の氏神である八幡大神を殊の外尊崇した徳川将軍家の手厚い保護を受け、明治維新に際しては朝廷が当宮を准勅祭社に御治定になり、勅使を遣わされ幣帛を賜り新しい御代の弥栄を祈念されました。
また、庶民の信仰は江戸の昔から大きな歴史の変転を経て現代に至まで変わることなく篤く受け継がれ、今も善男善女の参拝は絶えません。

伊能忠敬の銅像大関力士碑

富岡八幡宮は江戸勧進相撲発祥の地として有名です。
江戸時代の相撲興業は西からはじまりますが、トラブルが多くしばしば禁令が出ていました。
その後禁令が緩み1684年に幕府より春と秋の2場所の勧進相撲が許されます。
その地こそが富岡八幡宮の境内だったのです。
以降約100年間にわたって本場所が境内にておこなわれ、その間に定期興行制や番付制が確立されました。
のちに本場所は本所回向院に移っていきますが、その基礎は当宮において築かれ、現在の大相撲へと繋がっていくことになります。

神馬の銅像黄金神輿

明治33年、第12代横綱陣幕久五郎を発起人に歴代横綱を顕彰する碑が建立されました。
この碑には初代明石志賀之助から67代武蔵丸関までの四股名が刻まれていますが、その大きさは高さ3.5メートル、幅3メートル、重量は20トンに及び、横綱を顕彰するにふさわしい堂々たる石碑です。
新横綱誕生時には相撲協会立会いのもと刻名式がおこなわれ、新横綱の土俵入りが奉納されます。
また両側には伊藤博文・山県有朋・大隈重信といった賛同者の名が刻まれており、広く各界から協賛を得て建立されたことを物語っています。

本殿正面全景宝くじ高額当選のお願い

富岡八幡宮の例祭は俗に「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。
3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、その内大神輿ばかり54基が勢揃いして連合渡御する様は「深川八幡祭り」ならではのものです。
また、富岡八幡宮には元禄時代に豪商として名を馳せた紀伊国屋文左衛門が奉納したとされる総金張りの宮神輿が3基ありました。
しかし関東大震災で惜しくも焼失、それから68年の時を経て平成3年に日本―の黄金大神輿が奉納され宮神輿が復活しました。
しかしながら、その大きさゆえに毎年担ぐことがかなわない為、新たに宮神輿を製作し、二の宮として平成9年の例大祭で華麗に渡御しました。(富岡八幡宮HP参照)