東京都新宿区新大久保の皆中稲荷神社で宝くじ当選祈願-2018年12月

こんにちは。
今日は、とっても『嬉しくなる』『ワクワクする』お話をしたいと思いまーす。

所は東京…JR山手線新大久保駅より歩いて数十秒の場所に鎮座する【皆中稲荷神社】(*’▽’)ノ
とっても小さくてこじんまりとしたお稲荷様です。
うっかり見落とし、素通りしてしまうような佇まいです。
それもそのはず、いまや韓流で盛り上がり…インスタ映えのハットグで長蛇の列を作る新大久保駅!
待ち合わせなどもあり、電車発着の度にもみくちゃ状態の駅前です。
日本語などはまったく聞こえず、韓国語やタイ語やなんだか分からない言葉の洪水状態ですね。
その駅前通りを、日本人離れした奇抜な服装の大群をかき分け進んでいくと…

…と、その前に(゚∀゚)
稲荷神社と言う事は、元々は農業の神様ですね。
五穀豊穣として農民に信仰されていた神様!
江戸時代になり、商業・工業が盛んになると…「商売繫盛」「開運」の神様として祀られるようになり人気が高まります。

江戸時代には、たくさんの場所に「稲荷神社」が存在していたそうです。
そして!必ず“居る”あの動物 ‼そう!キツネさん❕ 
朱色の前掛けをしている「おキツネ様」。
キツネさんは、あくまでも「神様の使い」です。あの前掛けの朱色は、身分の高い色なのです。
なぜキツネさんなのか?
稲荷…宇迦之御魂大神(ウカノミタマ)というのは、稲の守り神です。
稲が実り豊かに獲れることにより、お米はお金の代わりとして流通し、商売繫盛・開運の神様となっていったのですね!
商売繫盛と言う事は開運にも繋がりますよね。

その一番の要である肝心の「稲」の天敵は“ネズミ”‼‼
稲を食い荒らし、お米も食い荒らす!
そのネズミの天敵として、日本国中に生存していたのが…
そうなのです!キツネさんなのです!
稲の神様の使い『お狐様』なのです。
どうです?こうなると…キツネさんなんかカッコイイ…(; ・`д・´)
神様のお使いだから「身分の高い朱色の前掛け」をしているのですねぇ(´・ω・)

と、言う事で……この前書きを読んでから【皆中稲荷神社】を読んで頂くと…
「なるほど~」・「あやかりた~い」と、思ってもらえ…たら嬉しい限りです((*_ _)

さてさて…皆中稲荷神社について語りたいと思います(‘◇’)ゞ
その昔、徳川幕府は「鉄砲百人隊」と言う組織を結成し、現在の新大久保駅周辺に駐屯させていたそうです。
新大久保駅の住所は…《百人町》‼
住所の「百人町」も百人隊由来と言う事ですね ( ゚Д゚)
鉄砲を命中させることの出来なかった隊士の一人、隊長の立場にあたる「与力(よりき)」が、来る日も来る日も思い悩んでいたそうです。
訓練しても…訓練しても、なかなか思うように的に当てることが出来ず…眠れぬ夜が続く毎日。
そんなある夜、ようやく眠りについた与一の夢枕に、稲荷大明神が立たれ…霊符を示されたのだそうです。
そして翌朝、不思議な心持ちのまま社頭にお参りをしました。
静粛な心で大矢場にて射撃を試みたところ…な・なんと!
どうしたものか百発百中!全て的中!(;・∀・)
鉄砲の名手になったとか…!

これを見た聞いた隊士らが競って霊符を受け、射撃したところ…な・なんと!
皆一様に百発百中!…した!…と言われていますm(_ _)m
この話が広まり、様々な願い事をする参拝者がどんどん増えていきました。
そして『皆(みな)中(あたる) お稲荷様』と称えられるようになりました。
そうです、これが〖皆中稲荷神社〗と称される由来となるところです(^▽^)
きっと夢に見た稲荷大明神の足元には、朱色の前掛けをしたお狐様が居たことでしょう(=゚ω゚)ノ
現在、〖皆中稲荷神社〗は、さまざまな願い事で訪れる参拝者が途切れない!
宝くじや、合格祈願、何かを当てたい人(中てたい)など、ご利益がある神社として知られています。

ち・な・みに…
弓道において一立ち四射中、四射とも「的に中てる(これぞ的中ですね‼)」ことを「皆中」と言います。
この四つ矢を中てる…それは相当に難しく、達成した場合には観客より敬意の拍手があるそうです。
弓道される方々にも、有名な皆中稲荷神社だそうです。
これまた…皆中稲荷神社に興味津々となる「的中」話と「皆中」話ですね!

『参拝すると宝くじがあたる』『ギャンブル運が上がる』…と、年末にはお守り等が売り切れたこともあったとか❕

新大久保駅より徒歩近くの…見過ごしてしまうような間口一軒分の入り口。
細長い敷地…江戸時代から慕い称された、その小さな小さな神社には…
大きな大きな力をもたらしてくれる神様がいます、それが皆中稲荷神社です(^_^)

一度、訪問してみませんか?
うーん…例えば…宝くじを買ってから参拝!買う前に参拝?
どちらにしても…パワースポットであることに変わり無しー‼どうですか?
嬉しくなるような…ワクワクするような…
そんな気分になりましたでしょうか?
晴れた日にでも、ぶらりと…(^▽^)