本文へスキップ

日本一の宝くじ開運神社と云われる佐賀県唐津市高島の宝当神社(ほうとうじんじゃ)でジャンボ宝くじ高額当選祈願!開運★当り隊は2006年から50回以上も通っています。

ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービス
開運★当り隊

億万長者が続々と誕生している佐賀県唐津の宝くじ開運神社

佐賀県唐津市の宝当神社(ほうとうじんじゃ)は日本一宝くじのご利益が有ると云われてますね。
多くの有名人が訪れて、テレビや雑誌などにバンバン紹介されているので、皆さんご存知でしょう。
宝当神社のある高島は、唐津市の2キロの場所にある小さな島です。島の周囲は3キロしかなく、歩いても1時間はかからない位でしょうか。
島に渡る為には、唐津城の駐車場の中に船着場がある海上タクシーや、唐津城近くの船着場から定期船が出ていて約10分位で渡れる近さです。
ジャンボ宝くじの発売期間中や、週末やゴールデンウィークや夏休み期間中などは大勢の参拝客が押し寄せて来て、小さな島が大賑わいとなります。
宝当神社は昔の字で書くと「寶富神社」となり、神社鳥居の神額に記されてます。
宝当神社の歴史は、1574年頃に野崎隠岐守綱吉(のざきおきのかみつなよ)とゆう若者が不遇に遭い国を追われて流れ着いた島が高島、という処から始まります。
ある日、海賊集団三十数名が高島を襲いましたが、綱吉は海賊たちを退治したそうです。
1581年綱吉は島民とはかり、先祖を奉る氏神として塩屋神社を設立しました。
その後、綱吉は逝去しましたが、島民達は綱吉の弔いを厚くし、島の大権現として奉ったそうです。
約100年ほど前に、製塩業で島が利益をあげた時、お礼として神社を当島の宝と称え寶当神社と記した石造りの鳥居を奉納したそうです。この頃より宝当神社と呼ばれて親しまれてきたそうです。
平成に入ってから、寶当の文字にあやかって宝が当るとゆう事で有名になり、参拝した人からも大当たりが多く出たそうです。
島おこしで「宝当袋」という巾着を作ると、宝当袋を作っていた人の身内からも1等が出たそうですよ。
現在では何の説明もいらない程に有名になり、野崎酒店さんや宝当乃館さんなどのお土産屋さんで宝当巾着は絶賛発売中です。
宝当乃館さんでは宝くじを販売していますし、野崎酒店さんではお願いポーズの猫ちゃんが有名になりましたね。一生の間に一度は訪れてみたい開運神社です。
佐賀県唐津市高島523

2016年度年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願

小さな船にバックを積んで高島に移動中です高島に上陸して海上タクシー乗場で記念撮影

12月21日暖かくて絶好の参拝日和です。朝9時には唐津から海上タクシーに乗って高島に上陸しました。バックが重いので船に積み込む時に海に落ちないか心配になります。
宝くじがパンパンに詰まっている大型のキャリーバックが4個になり、4人で運んで来ました。総重量は80キロ位になりますね。

宝当乃館宝くじ売場の全景店内で年末ジャンボ宝くじを買って記念撮影

多くのお客さんで賑わっている宝当乃館さんに到着。宝くじ売場が又派手になっていますね。朝からガンガンに宝当音頭が流れていて盛り上がっています。
店内で年末ジャンボ宝くじとお土産を買って記念撮影しました。叶う貝という新作のお土産も発見です。お客さんにプレゼントするお土産をたっぷり買いました。

宝が当たる宝当神社と書かれた入口の看板境内には金運と書かれた看板も有り

御利益が有りそうな雰囲気の宝当神社に到着しました。東京からは1200キロ以上も有り、祈願が終わったら東京にトンボ帰りになります。
年末ジャンボ宝くじ発売期間中という事で観光客が多いですね。この日も宝くじのご利益を頂きに大勢の参拝客がやって来ています。

宝当神社の本殿の前で参拝記念撮影祭壇に奉納された多くの絵馬

早速参拝記念の写真撮影をしました。大型バック4個にはパンパンに年末ジャンボ宝くじが詰まっています。バック一個の重さは20キロを超えています。
黄色の包みは宝くじ発売初日や天赦日や一粒万倍日に購入代行した分ですね。ピンク色の包みはジャンボミニとジャンボプチ宝くじになります。

年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願風景年末ジャンボ宝くじ高額当選のお願いを書いた記帳

本日は6万9千枚の年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願となりました。祭壇に山のように奉った宝くじが壮観ですね。
記帳にも宝くじ高額当選のお願いを書きました。宝当神社の神様にお願いバッチリです。これだけの宝くじなので、きっと大当たりが入って居る事を願います。

野崎酒店の名物お母さんと宝当巾着猫の福ちゃんがお願いポーズ

いつもお世話になっている野崎酒店さんでお土産購入です。名物お母さんも宝当巾着の宣伝で忙しそうです。
猫の福ちゃんのお願いポーズも見れましたのできっと良い事が有りそうな予感がします。猫ちゃんの写真集もあるそうですよ。


2016年度サマージャンボ宝くじ高額当選祈願

高島に渡る船着き場船で高島に上陸した所

7月28日、現在9時ですが、炎天下の真夏日になった唐津です。高島に渡る海上タクシー乗場では唐津城が見えますね。これから船で高島に出発致します。
無事に高島に上陸しましたが、重いバックを船から移動しるので海に落ちそうで怖いです。バック一個が20キロ位あるので難儀しちゃいます。

宝当乃館宝くじ売場店内で宝くじとお土産を買った

多くのお客さんで賑わっている宝当乃館さんに到着。宝くじ売場が又派手になっていますね。新商売のサバサンドも発売中でした。私はまだ食べていません。
店内ではサマージャンボ宝くじとお土産を買って記念撮影しました。新作のお土産も発見です。お客さんにプレゼントするお土産を大人買い致しました。

看板が新しい宝当神社の入口多くの参拝客で賑わう境内

御利益が有りそうな雰囲気の宝当神社に到着しました。定期船が到着すると大勢の参拝客で一気に賑わいます。
夏休み期間中という事で観光客が多いですね。この日も宝くじのご利益を頂きに大勢の参拝客がやって来ています。

拝殿の前で参拝記念写真撮影拝殿の中でバックに詰まった宝くじで記念撮影

早速参拝記念の写真撮影をしました。大型バック2個にはパンパンにサマージャンボ宝くじが詰まっています。バック一個の重さは20キロを超えています。
左の黄色の包みは宝くじ発売初日や天赦日や一粒万倍日に購入代行した分ですね。右の分が昨日買った宝くじになります。

山のように積んだサマージャンボ宝くじを高額当選祈祷記帳には宝くじ高額当選のお願い

本日は3万3千枚のサマージャンボ宝くじ高額当選祈願となりました。祭壇に山のように奉った宝くじが壮観ですね。
記帳にも宝くじ高額当選のお願いを書きました。宝当神社の神様にお願いバッチリです。これだけの宝くじなので、きっと大当たりが入って居る事を願います。

野崎酒店さんの店舗猫のお願いポーズをお母さんがやってます

いつもお世話になっている野崎酒店さんでお土産購入です。名物お母さんも元気一杯です。
猫の福ちゃんのお願いポーズも見れましたので良い事が有りそうな予感がします。
次回は年末ジャンボ宝くじで宝当神社にやって来ますので、宜しくお願い致します。


2015年度年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願

高島行の船着き場駐車場から見た唐津城

12月18日、朝9時には高島に渡る船着き場に到着です。これから海上タクシーに乗って高島に出発します。船が待機していてくれたら助かっちゃいますね。
本日は天気も良く唐津城も凛々しい姿で海の近くに鎮座しています。雲一つない絶好の宝くじ参拝日和となりました。

宝当の館の正面全景店内で宝くじを買って記念撮影

高島に上陸すると最初に宝当乃館さんで年末ジャンボ宝くじを購入代行致します。時間が早いので、まだ開店していませんでした。
少々待ってから無事に宝くじを買いました。お客さんのプレゼントのお土産も一杯買いました。これから宝当神社に移動致します。

宝当神社の入口参拝客で賑わう境内

絶好の参拝日和となった宝当神社に到着。本日は参拝客も大勢来ています。朝早くから境内は中々の喧騒になっています。
これから神社の方にご挨拶をして、開運長久やお札やお守りなどを買ってきます。急いで宝くじ高額当選祈願の準備も致します。

大きな金運の看板拝殿の前で参拝記念撮影

金運の大きな看板が境内に鎮座しています。白虎金を生ずと書かれてあってご利益が有りそうですね。このデザインの御守りが販売しています。
拝殿の前で年末ジャンボ宝くじが詰まった大型バック4個で記念撮影。一個の重さが20キロ程も有り、4人の大人で運んで来ました。

年末ジャンボ宝くじの山記帳にも宝くじ高額当選のお願い

今回は6万2千枚の年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願となりました。祭壇に奉りきれなくて、はみ出して山のようになっております。
記帳にもバッチリと高額当選のお願いを書きました。宝当神社の神様の微笑みが有る事を心より祈っております。

野崎酒店の正面全景猫がお願いポーズ

お土産等でいつもお世話になっている野崎酒店さんでは猫ちゃんのお願いポーズも見れましたので、きっと良い事があるでしょう。
名物のお母さんも元気一杯で宝当巾着袋をお勧めしていました。来年も宜しくお願い致します。